閉じる
  • 評価:
  • 広島風雑煮
  • 牡蠣の名産地・広島では、「福をかき寄せる」という縁起担ぎから
    雑煮に牡蠣を入れます。
    一方、尾道では、身の長さが「永続」に通じる穴子を入れるとか。
    その両方を具材にすると、昆布だしに牡蠣と穴子のうまみが
    溶け込んで何とも贅沢な味わいに。
  • 料理種
    スープ・味噌汁 
    調理方
    煮る 
    シー
    おもてなし 郷土料理 
    難易
    普通
    調理目安時
    30分
    カロリ
    塩分
  • お気に入り登録
  • お気に入り登録済
  • の評価で
  • 投票する

    レシピの投票ありがとうございました。

材料(2人分)

  • 丸餅
    2個
  • 牡蠣
    2個
  • 焼き穴子
    30g
  • ほうれん草
    30g
  • 大根
    15g
  • 金時人参
    15g
  • なると
    適量
  • 昆布だし【A】
    1袋
  • 水【A】
    400ml
  • 薄口醤油【B】
    小さじ1
  • 酒【B】
    小さじ1
  • 塩【B】
    少々

作り方

    • 1
    • 牡蠣はさっと茹でて水けを切る。大根、金時人参は4cmの長さの短冊切りにして下茹でする。ほうれん草は茹でて4cmの長さに切る。なるとは薄切りにする。
    • 2
    • 【A】を入れて火にかけ、沸騰したら2~3分 煮出し、【B】を加える。
    • 3
    • ②に牡蠣、穴子、大根、金時人参を加えて軽く煮て、茹でた餅、ほうれん草、なるととともに椀に盛る。
お正月料理をもっと美味しく。
pagetop