閉じる
  • お気に入り登録
  • お気に入り登録済
  • の評価で
  • 投票する

    レシピの投票ありがとうございました。

材料(2~3人分)

  • 小鯛
    1尾(200~300g)
  • 小さじ1
  • 熱湯
    適量
  • 2合
  • 生姜
    15g
  • 卵【A】
    2個
  • 砂糖【A】
    少々
  • 塩【A】
    少々
  • 茅乃舎だし
    1袋
  • 400ml
  • 酒【B】
    大さじ5
  • みりん【B】
    小さじ2
  • 淡口醤油【B】
    小さじ5
  • 塩【B】
    ひとつまみ
  • 木の芽
    適量

作り方

  • 鱗取りなどの下処理は魚屋さんに任せると手間が省けます。
    いただく際は鯛を丁寧にほぐし、小骨に注意しご飯と混ぜて器に盛りましょう。
    炊飯器でも同じように作ることができます。
    • 1
    • 鯛はウロコ、エラ、ワタを除き、きれいに洗って水気を拭く。塩をふり、30分冷蔵庫に置いたら、水気を拭き取り2~3箇所切れ目を入れ、熱湯をさっとかける。
    • 2
    • 生姜はみじん切りにする。鍋に茅乃舎だしと水を入れて火にかけ、沸騰したら1~2分煮出す。【A】をよく混ぜ合わせ、錦糸卵を作る。
    • 3
    • 土鍋に2のだし汁を360ml、【B】、米、生姜を加え、強火にかけ沸騰したら、しゃもじで底から混ぜて鯛をのせ蓋をする。
    • 4
    • 強火のまま再び沸騰して蒸気が上がったら、弱火にし20分炊いて火を止める。
    • 5
    • 4の蓋を空け、錦糸卵を鯛の周りに散らし、再び蓋をして10分蒸らし木の芽を飾る。
苦味を盛れば、体が起きる 山菜は、春の目覚まし
pagetop