主役になれないけど、副菜の存在感ってすごいんです。

2021.12.17

参加する

折々の相談所 第3回では、お悩みごとをたくさんお寄せいただきありがとうございました。そこで、一番多かったのが「主菜・副菜の決め方が難しい」というお悩み。

そうなんです。

主菜ばかりが注目を集めがちですが、実はこそばゆい本当のお悩みどころは、副菜だったりします。

食卓に並んだとき、副菜がたくさんあると“ちゃんと感”がぐんと上がり、なによりワクワクを掻き立てられます。

そう、副菜って実は、食卓のとっても大事な存在なんですね。

そこで今回は、“副菜”に注目しました。料理担当の森による副菜選びのコツと、副菜レシピ集をお届けします。

主菜・副菜を決めるコツは?

副菜は体の調子を調えるものと言われています。主菜のみでは不足する栄養を補いましょう。1食の中で、味つけ、食材、調理法がそれぞれに変わるように考えましょう。

[方法1]主菜と副菜で、食材を変える

肉や魚が主菜になることが多いですね。その時は、卵料理や豆腐料理を組み合わせると栄養のバランスもいいですよ。卵料理や豆腐料理を覚えておくと役に立ちます。

[方法2]主菜と副菜で、調理法を変える

焼いたり煮たり揚げたり。しっかりと満足感ある主菜には、サラダや和えものなどヘルシーに。全体でバランスをとりましょう。

ご紹介のレシピは、下部のリンクよりまとめてご覧いただけます。

栄養満点の“大豆”のおかずがあると、なんだか安心。

ツナキムチ豆腐(蒸す)

だしがらオクラ納豆(和える)

みんなが大好きな“卵”料理は、頼りになります。

半熟だし玉子(漬ける)

卵のマカロニサラダ(和える)

鶏たま炒め(炒める)

“野菜”をしっかり摂りたい。そんなときに。

和風しゃきしゃき野菜炒め(炒める)

五目大根(煮る)

ごぼうとチキンのサラダ(和える)

カレー風味の粉ふき芋(蒸す)

満足感たっぷりの副菜が欲しい時は、“肉や魚”で。

あんとじ肉豆腐(煮る)

牛蒡ベーコン(炒める)

和風えびマヨ(和える)

イカの梅マリネ(和える)

ご紹介した副菜のレシピはこちらからご覧いただけます。
https://www.kubara.jp/recipe/search/fukusai/?sid=10

だしシリーズのご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/all_dashi/

【アンサー編】お料理のお悩みにお答えします。

旬のお料理や季節限定品などをご紹介する茅乃舎の季刊誌「てまひま」をWEB上でご覧いただけます。
詳しくはこちら

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事