料理長のレシピ。秋づくしのだし炊きごはん。

秋は、やっぱり、さつま芋。

“秋づくし”という言葉の誘惑。

ほっくほくの“さつま芋”を頬張ると、甘みが口いっぱいに広がって、秋堪能!と心が満たされます。

こんなにも、わたしたちに幸せを与えてくれるさつま芋。その喜びを、この秋も余すことなくいただきましょう。

さつま芋ごはんは、きっと、おうちでつくる方も多いのではないでしょうか。

もし「御料理 茅乃舎」の尾崎料理長がつくったら、どんなおいしさになるのでしょう?そんなワクワクを胸にして、さつま芋ごはんを習ってきました。

さつま芋に合わせたのは、たっぷりのきのこ。そこに、秋の菊花と、三つ葉も添えました。

このひとアイディアで、ぐっと特別感が増します。ご家庭のメニューが、品のあるおもてなしごはんに変わるのですから。

茅乃舎だしでつくる「秋づくしごはん」

[材料](3〜4人前)

2合

さつま芋

¼本

舞茸

100g

しめじ

100g

椎茸

6枚

三つ葉

½束

菊花

適量

A

800ml

B

うす口醤油

大1

みりん

小1

小1

少々

[つくり方]

  1. 舞茸、しめじ、椎茸は薄切りに、さつま芋は厚めにいちょう切りにする。
  2. さつま芋を蒸気の上がった蒸し器に入れ、やわらかくなるまで蒸す。
  3. フライパンを熱し、①のきのこを全て入れ、から煎りする。
  4. 鍋に[A]を入れ火にかけ、沸騰後中火で2〜3分煮出す。
  5. 炊飯器に洗った米、②、③、冷ました400mlの④、[B]を入れて炊く。
  6. 炊き上がったごはんに、下茹でした三つ葉と菊花を散らす。

さつま芋は、別に蒸して甘みを引き出す。(つくり方②の工程)


「さつまいもは時間をかけて調理することで、甘みが出てくる食材なので、先に別に蒸しておきます」と尾崎料理長。いつもは生のままお米と炊くことが多いと思いますが、ぜひ、別に蒸してお試しください。

きのこは、から煎りして香ばしく。(つくり方③の工程)


きのこは香りもおいしいものです。油はひかず、から煎りすることで香ばしさがより引き立ちます。「できるだけ触らずに放っておく気持ちで。強火でさっと炒めると、うまみが閉じ込められます。すこし焼き目がつく程度がおいしいですよ」。

茅乃舎だしを煮出します。(つくり方④の工程)


煮出しただし汁を使います。茅乃舎だし2袋を水800mlで煮出しましょう。
(※炊き込みごはんでは400ml分のだしを使用します)

下茹でで、三つ葉を色よく。(つくり方⑥の工程)


このひとてまは、料理長のこだわり。三つ葉は、色よくするため、今回は下茹でしました。最後に炊飯器に入れて余熱で蒸しても大丈夫です。


さつま芋の甘み、きのこの香ばしさ、三つ葉の香味。そして、だしのやさしさ。それぞれの味をていねいに生かした、さつま芋ごはんです。そうぞこの秋に、料理長のレシピでお試しください。

茅乃舎だしのご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/dashi/kayanoyadashi/570000/

旬のお料理や季節限定品などをご紹介する茅乃舎の季刊誌「てまひま」をWEB上でご覧いただけます。
詳しくはこちら

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事