季告げの作り手たち

やまえ栗‐熊本の山奥から、世界をめざして

2020.9.2

商品・道具

四季を楽しむ商品

季告げ

『季告げ(ときつげ)』の秋の企画は和栗御飯。その産地である熊本県山江村で、栗で村おこしをするという内山慶治村長、そして栗を育てる中竹社長のお話を、久原本家の寺原が伺ってきました。

かつては天皇陛下に献上した名産・やまえ栗

山江村の栗には驚きのエピソードが

内山:ようこそ山江村へ。栗の取材にきてくださったんですね。実は山江の栗は、昭和五十二年に、天皇陛下に献上したこともあるんです。

寺原:それはすごいことですね…!

内山:山江村の栗の価格をベースに、他の栗の価格が決まるような時代もあったんですよ。しかしかつては450トンあった生産量も、今では150トンまで下がってしまった。せっかく築いた先人のものをもう一度復興させたいという思いがあります。

寺原:私たち久原本家も、そんな知る人ぞ知る素材の良さを、もっと知ってもらいたいです。

やまえ栗の魅力を引き出すために

やまえ栗の魅力をいろんな方法で引き出す

内山:山江村では、栗の生産から加工、流通までをすべてチャレンジしていきたい。そのために、有名な料理人に使ってもらったり、九州の列車「ななつ星」のデザートに使ってもらったり。最近では、フランスの栗の名産地と姉妹都市になろうと計画しています。

寺原:本当にあらゆる方法で、栗での村おこしに力を入れていらっしゃるんですね。

小布施を良きライバルに

子どもたちが山江の栗をもっと好きになれるように

内山:やっぱり栗と言えば長野の小布施が有名でしょう。

寺原:お菓子や観光地で有名なイメージです。

内山:そう、栗を中心として観光の流れができている。ああいう風にしたいんです。実はね…やまえ栗のルーツをたどっていくと、小布施にたどりつくんです。昔、小布施まで色々と話を聞きに行ったことがあってね。栗菓子で有名な小布施堂の当時の副社長が、今では小布施の町長。山江にも訪問してくれるんですよ。

寺原:素晴らしいライバル関係だと思います…!

内山:私は子ども達に山江村をもっと好きになってもらいたいんですよ。「山江といえば栗」と胸をはって言ってもらえるようになってほしいんです。

寺原:私たちは単に商品を売るのではなく、作り手の皆さんのそういう思いも一緒に、お客様のところに届けていきたいと思うんです。

夢はマンハッタンで栗を

「おいしいね」と笑顔の内山村長

内山:栗は海外でもお菓子などにたくさん使われているから、可能性はたくさんありますよ!

中竹:私の夢もね…マンハッタンで渋皮煮を売りたいなとひそかに思っています。

寺原:それは本当に楽しみです。今回の「和栗御飯」で全国の人にやまえ栗を知ってほしいです。
最後に、「和栗御飯」の試作を内山村長と中竹社長に試食してもらって「おいしい!」というお二人の笑顔をいただきました。皆さんの反応が楽しみです。

<最後に>


山江村の和栗を使った、久原本家の『和栗御飯』の予約がもうすぐ始まります!どうぞ、楽しみにお待ちください。

季告げ 販売ページはこちら
https://www.kubara.jp/tokitsuge/

---
このたびの豪雨により被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。一日も早くやすらかな生活が戻ることを、久原本家従業員一同、お祈り申し上げます。

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事

#歳時記

#お屠蘇

#お正月

#茅乃舎だし

#ローストビーフ

#やさしい和漢だし

#きのこ

#十穀鍋

#黄柚子胡椒

#だし炊き御飯の素

#ポイント交換

#会員限定

#御料理茅乃舎

#

#

#季告げ

#四季を楽しむ商品

#四季を大切に暮らす

#レシピ

#パプリカ

#動画

#茄子

#インスタライブ

#料理教室

#ズッキーニ

#茅乃舎博多リバレイン店

#茅乃舎ノ道具

#エコバッグ