おでんに豚バラ肉?! 鍋を自由に楽しむアレンジ披露

熱々お鍋がおいしい季節です。鍋つゆに合わせて、食材は何を入れようか、〆は何にしようか、その組み合わせの自由度の高さが鍋の醍醐味ですよね。献立に悩んだ時こそ、鍋! どんな食材も受け止めてくれる包容力のある鍋料理は、手軽な秋冬のごちそうです。今日は茅乃舎の鍋シリーズでお鍋にしませんか?

茅乃舎の鍋シリーズで楽しく食べ比べ


茅乃舎の鍋シリーズが今年もずらり出揃いました。茅乃舎の鍋つゆはだしとつゆが分かれています。だしを煮出してから、つゆを加えるのですが、このひと手間で豊かな香り、力強いだしのうまみが生まれ、食材をぐんとおいしくしてくれるんです。


1人前の「特製だし」と「専用つゆ」が2回分入っているので、ひとり鍋を楽しむもよし、家族で味違いの小鍋を囲むもよし。定番とアレンジの食べ比べもいいですね。

そして今回、全国各地の茅乃舎スタッフがおすすめする鍋アレンジを3種の鍋つゆで実践してみました。結論、「鍋って楽しい!」ぜひ参考にしてくださいね。

試す価値あり、豚肉おでん!


気温がぐっと下がると、湯気立つおでんが恋しくなります。じっくりコトコト煮るおでんは味が濃くなりすぎたり、味付けのバランスが難しいもの。ここで、スタッフの食卓でも活躍中の「おでんのだしとつゆ」の出番です。
まずは「特製だし」でだしをとり、「昆布つゆ」を加えて具材を煮込んだら、「仕上げ鰹つゆ」で香り付け。3段階の味付けでしっかり味が染みたおでんが完成します。

大根ほろほろ、たまご味しみしみ。火を通したのは1時間程度ですが、定番のおでんだね、安定のおいしさです。

お肉は“牛すじ”といきたいところですが、「食べ盛りがいるので骨付き豚肉を入れる」「うちは豚バラと大根が定番」というスタッフの声を聞いて、“おでんに豚肉”という未体験の味わいを試してみたくなりました。

お湯に酒を加えて下茹でした豚バラ肉も一緒に煮込み、さっと茹でた春菊を合わせていただきます。豚肉、柔らかくてとってもジューシー。春菊の苦味とも、ふっくら炊けた大根とも相性抜群です。脂の甘みが上品なコクのだしにこんなに合うとは。だし感際立つ豚肉おでん、我が家でも定番化決定です!

「おでんのだしとつゆ」は2人前が2回分入っているので、1回分でもつゆたっぷり。残ったつゆは白ごはんに注ぎ、アクセントに塩昆布とわさびをのせて〆のだし茶漬けがおすすめです。サラサラと食べられて、体に染み入るおいしさですよ。

だし鍋は、どんな食材も主役にしてくれます


続きまして、スタッフの間でも人気の「茅乃舎のだし鍋のだしとつゆ」。だしを煮出して特製つゆを加えたところで味見をしてみると、華やかなだしの香りとほんのりやさしい甘みを感じます。

鶏もも肉、豚肉、白身魚など何を入れても、しみじみおいしい。世代を問わず味わえる、これぞ万能鍋です。

「アレンジせずとも、これで完成形では?」と思っていましたが、スタッフからの提案「うどんすき」には思わず膝を打ちました。確かにこの鍋つゆなら、うどんが主役になりそう!

白ねぎ、白菜、水菜など野菜もたっぷり煮込んで、うどんを投入。具材と交互にうどんをすすれば、ホッと心も和みます。

「柑橘つぶぽん酢」で味の変化も楽しみましょう。香り豊かな柚子とかぼすの爽やかな酸味で箸が止まりません。熱々のうどんに芯までポカポカ。幸せな鍋時間を過ごせますよ。

コク甘にもピリ辛にも、変幻自在の胡麻鍋


胡麻のコクとまろやかな甘みの「胡麻鍋のだしとつゆ」は豚肉に鍋つゆをたっぷりまとわせて食べるのがおすすめ。豆腐やきのこに加えて、スタッフの「餃子を入れます」というアイデアも採用しましょう。

辛党からは「坦々風にアレンジして食べます」という声も届きました。ひとつはそのままお子さん用に、ひとつはピリ辛に仕上げて大人鍋にと、使い分けてもいいですね。

大人用は豆乳とラー油を足して、濃厚ピリ辛に。辛さの中に胡麻のまろやかさを感じて、汗がじんわり~。

「味がコッテリしてきたら、ポン酢を入れる」との声も参考に「辛味つぶぽん酢」をひと振りしてみました。コクがあるのに、さっぱりしていいお味になりますよ。

最後は中華麺の出番です。少し残しておいた餃子をつぶし、もやしと卵も追加して、麺を投入。〆まで本格的な坦々鍋、癖になりそうです。

家にある食材だけを使っても、鍋つゆを生かしたアレンジを楽しんでも、鍋の味わい方は自由が嬉しい。その日の気分で、家族の好みに合わせて、家庭の数だけ鍋の味があるのは素敵なことだなと感じました。みなさんのおすすめ鍋レシピもぜひ教えてくださいね。

おでんのだしとつゆのご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/nabe/oden/114200/

茅乃舎のだし鍋のだしとつゆのご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/nabe/nabe/188700/

胡麻鍋のだしとつゆのご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/nabe/nabe/188900/

柑橘つぶぽん酢のご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/seasoning/ponzu/137200/

辛味つぶぽん酢のご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/seasoning/ponzu/137300/

※紹介した商品は、季節限定のため、売り切れていることがございます。

茅乃舎の鍋キットを使ったアレンジ鍋を他にも紹介しています。
https://www.kubara.jp/special/nabe/

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事

#茅乃舎極みだし #蓮根 #辛味つぶぽん酢 #柑橘つぶぽん酢 #胡麻鍋のだしとつゆ #茅乃舎のだし鍋のだしとつゆ #おでんのだしとつゆ #青柚子胡椒 #柚子茶 #生七味 #深川製磁 #あごだし #朝ごはんレシピ #応量器 #じゃがいも #飲む麹 #茅乃舎白だし #海老だし #パーティ料理 #大根 #副菜 #塩麹 #煮干しだし #土鍋 #安楽窯 #季節の自家製 #グラタン #かぶ #発酵食品 #野菜だし #アウトドア #メスティン #さつま芋 #炊き込みごはん #スパイスカレー #冷たいだし #かぼす #へべす #季しずく #生姜茶 #料理教室 ##丑の日 #土用 #椒房庵 #くばら #ざる #松野屋 #素麺 #茅乃舎だしつゆ #お弁当 #曲げわっぱ #空豆 #春野菜 #米糀 #椎茸だし #ピザ #手しごと #おうち時間 #味噌キット #だし #スープ #折々の相談所 #持ち手付味噌ストッカー #山茹で筍御膳 #我戸幹男商店 #山中漆器 #山菜 #甘酒 #ちらし寿司 #桃の節句 #発酵 #有田焼 #常滑焼 #輪島塗 #擂鉢 #京竹短箸 #お買い物袋 #あずま袋 #片手土鍋 #野田琺瑯 #茅乃舎めんつゆ #昆布だし #茅乃舎 ##おみくじ #お菓子 #久原甘糀 #あま糀 #茅乃舎だし #ローストビーフ #やさしい和漢だし #きのこ #十穀鍋 #鶏だし #黄金比のだし #歳時記 #お屠蘇 #お正月 #黄柚子胡椒 #だし炊き御飯の素 #ポイント交換 #会員限定 #御料理茅乃舎 ###季告げ #四季を楽しむ商品 #四季を大切に暮らす #レシピ #パプリカ #動画 #茄子 #インスタライブ #料理教室 #ズッキーニ #茅乃舎ノ道具