自由な発想でのびのびと。子どもと楽しむおうちピザ。

お子さんとのおうち時間に、親子でピザづくりをしてみませんか。
「椎茸だし」を生地に練りこんだフライパンでつくるピザをご紹介します。

生地づくりから始めれば、こねたり、伸ばしたりする工程も楽しめます。

料理をつくる楽しさも、家族に食べてもらう嬉しさも、お子さんの心に芽生えるかもしれません。

子どもが大好きな、照り焼きチキンも入れて。

今回は、彩りのいいトマトやコーン、ブロッコリーで。

お母さん

今日は一緒に、ピザを手づくりしてみよう。照り焼きチキンも入れるよ。大好きな野菜もたっぷり食べようね。

子ども

今日は、トマト味だね。


[材料]直径24cmフライパン 2枚分
生地

A

強力粉(または中力粉)

2カップ

砂糖

大1

ドライイースト

大1

小1/2

椎茸だし(袋を破って)

1袋

ぬるま湯

100~130ml

具材

鶏もも肉

1枚

B

醤油

大さじ2

みりん

大さじ2

ブロッコリー

1/4株

ミニトマト

5個

コーン(缶詰)

30g

チーズ

適量

トマトソース

適量

サラダ油

適量

[つくり方]

生地
① [A]をボウルに入れて混ぜ合わせる。ぬるま湯をダマにならないように少しずつ加えながらこね、耳たぶくらいのやわらかさにする。
② ①を丸めてボウルに入れ、ラップをして30分程寝かせて発酵させる。
③ ②をめん棒で伸ばし、フライパンで両面焼く。

具材の下準備
④ 鶏肉は食べやすい大きさに切る。フライパンに油を熱し、鶏肉を両面色よく焼き【B】を絡める。
⑤ ブロッコリーは小房に分け茹でる。ミニトマトは1/2に切る。

トッピング
⑥ ③の生地に、トマトソース(トマトケチャップでも可)を塗り、具材とチーズをのせる。
⑦ 蓋をして⑥を焼き、仕上げる。

椎茸だしを練りこんで、生地づくり。

子ども

お母さん、これなぁに?

お母さん

椎茸だしだよ。今日はだしを生地に入れてつくるよ。きのこの香りがして、おいしくなるよ。

お母さん

粉とぬるま湯を一緒に混ぜていくと、形ができてくるよ。耳たぶくらいのやわらかさになるまで、混ぜてね。

子ども

ぎゅっ、ぎゅっとね。固まってきたよ。

お母さん

上手に混ざったら、丸い形にしてね。
この後、しばらく寝かせて“発酵”させるよ。

子ども

だしの粒々が見えるね。

お母さん

生地ができるまでの間に、ブロッコリーを茹でて、甘辛の照り焼きチキンを準備しておくね。

生地が膨らんだら、丸く伸ばしましょう。

子ども

生地が温かいね。

お母さん

発酵しはじめたら、温かくなるんだよ。ま〜るくなるように伸ばしてね。めん棒を使ったり、手を使ったりして広げてね。

子ども

よいしょ。力をだして。ちょっとずつ、ちょっとずつ。

お母さん

フライパンで生地を焼くね。

子ども

いい匂いがするね。パンの香りがする。お腹が空いてきたぁ。

お絵かきするように、具材をのせて。
子どもの自由な発想に任せましょう。

お母さん

最初に、トマトソースを生地全体に塗ってみよう。

お母さん

次は、具材をのせて。

子ども

うーん、どれにしようかな? ブロッコリー、次はトマト・・。早く食べたいなぁ。

お母さん

全部のせたら、最後にチーズをかけてね。そのあと、もう一度フライパンで焼くよ。

子ども

チーズがとろとろだね。はい、できあがり!

お母さん

味は、どう?

子ども

おいしい!お母さんもおいしい?

お母さん

おいしいね、上手にできたね。ありがとう!

手づくりピザの楽しさと、おいしさ。だしの風味を生かした生地も、手づくりならではです。他にもいろいろなソースや具材で、楽しんでみてください。

春のデザートピザもおすすめです。


リコッタチーズを塗り、お好みのフルーツで甘いおやつピザも。今回は、いちごやブルーベリーなどたくさんのベリーをのせ、はちみつを回しかけて、春のピザに仕上げました。

椎茸だしのご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/all_dashi/shiitakedashi/

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事