冬の自家製をたのしむ。大根をだし醤油漬けに。

2021.12.13

読む・知る

白くつややかで、どーんとたくましいルックス。冬になると店頭では大根の存在感が増します。
ただ、よっぽどの大家族でない限り、1本まるごと手に取るのは勇気がいりますよね。

「ちゃんと使い切れるかしら」
「そもそも冷蔵庫に入らないかも」

料理家のminokamoさんは、そんなあなたの気持ちに寄り添います。

「この時期、うちでは大根をまとめて醤油漬けにしておくんです。ごはんのお供としてはもちろん、具材のある調味料としても使えますので、いろいろと使い道があるんです」

ただ「漬物を漬ける」というのは、少しハードルが高そう……と不安顔になる私たちに

「ほんと、調味料で混ぜるだけなんで」と、にっこり。
「今回は大根約半分の量で漬けますので、場所もとらず、漬物用容器も必要ないので安心してください」

それでは、マンション暮らしにもありがたい季節の自家製。冬の仕込みを始めましょう。

大根のだし醤油漬けのつくり方


鍋に水とだしパックを入れ加熱し、フツフツしてきたら火を止め、そのままおいておきます。

その間に、大根をいちょうの形にスライス。

そこに醤油を入れて強火で加熱し、フツフツしてきたらみりんを投入。ここにお好みで生姜や唐辛子を入れても。

再度フツフツしてきたら、大根を入れてさっと混ぜ、10秒ほどしたら火を止めます。この時はまだ、大根が汁につかってなくても大丈夫。

ひと晩おけばこの通り!きれいな枯葉色に。

大根だし醤油漬
[材料](つくりやすい量)

大根

500g

150ml

醤油

100ml

みりん

100ml

[つくり方]

  1. 鍋に水とだしパックを入れ加熱し、フツフツしてきたら火を止め、そのままおいておく。大根を縦4等分にし、幅 5mmのいちょう切りにする。だしパックを箸で揺らして引き上げる。
  2. ①の鍋に醤油を入れて強火で加熱し、フツフツしてきたらみりんを入れ、再度フツフツしてきたら大根をさっと入れて混ぜ、10秒ほどで火を止める。
  3. ②を鍋のままかボウルにうつし、6時間ほどおいたら出来上がり。


冷蔵庫に入れやすい、700ml〜800mlの保存容器にほぼ全量入ります。はみ出た分はがんばらず、小さな容器に入れて、そのまま卓上用にしましょう。漬け汁を入れなければ、浅漬け用として楽しめます。

時間の経過で、おたのしみいろいろ。
1日めは、お漬物として。

できあがったらまずはそのまま、ポリポリといただきましょう。
おにぎりとは、言わずもがな最強のコンビです。

また、カレーの福神漬けがわりにもなりますよ。

2日めは、漬け汁を麺のおつゆに。

中身が少なくなると、こんどはたぷたぷに入った漬け汁が気になってきます。

「大根の辛みや甘みが汁にも移って美味しいんですよ。捨てるにはもったいないので、麺のおつゆとしていただきましょう」とminokamoさん。

大根だしうどん


[材料](1人分)

うどん

1玉

大根だし醤油漬の汁

おたま1杯分ほど

ねぎや胡麻などお好みの薬味

適量

[つくり方]

  1. 茹でたうどんを器に入れ、だし大根漬の汁をかけ、薬味を乗せたら出来上がり。

そして3日めは、具入り調味料として。


ここまで漬け込むと、しっかりと味がついてきます。「味が濃くなった漬物もごはんがすすんで美味しいですが、ぜひ具入り調味料としても活用してくださいね」

コーディネートは、いまどきのお洒落な居酒屋を気取って。定番ものに、ときめくアレンジを加えたメニューを提案してくださいました。

大根だし醤油漬けの温ポテトサラダ


[材料](2〜3人分)

じゃが芋(中150g)

2個

大根だし醤油漬

60g

マヨネーズ

大さじ2

オリーブ油

大さじ1

粗挽き黒胡椒

適量

[つくり方]

  1. じゃが芋は皮を剥いて半分にカットする。耐熱容器にじゃが芋と水大さじ1を入れて蓋かラップをし、600wのレンジで5分ほど加熱する。
  2. 加熱したじゃが芋は、しゃもじやスプーンの背などでざっくりつぶし、粗みじん切りにした大根だし醤油漬、マヨネーズ、オリーブ油を混ぜ、粗挽き黒胡椒をかけたら出来上がり。

温かいうちにいただいても、冷めてもまたおいしいのです。

さらに卵焼きに混ぜると、台湾風の逸品に大変身!

大根だし醤油漬入り台湾風卵焼き


[材料](2人分)

A(混ぜておく)

2個

みりん

大さじ1

醤油

大さじ1/2

長ねぎ(白い部分)

10cm

大根だし醤油漬

130g

オリーブ油

大さじ1

[つくり方]

  1. 大根だし醤油漬は粗いみじん切りに、長ねぎは厚さ5mm斜め薄切りにする。
  2. フライパンにオリーブ油を入れて熱し、だし大根漬けと長ねぎを入れ強火で炒める。
  3. Aの卵を流し入れ、半熟程度で火を止めて出来上がり。

飽きることなく、あますところなく使え、一週間足らずで完食。

「自家製は使い切ってしまうと達成感がありますし、『また作ってみたい!』という意欲も湧くので、おすすめです」

minokamoさん
岐阜県美濃加茂市出身。 料理家、写真家。 「ごはんで町を元気に!」をテーマに、各地でその土地に根差したメニュー開発、キッチンプロダクトのフードコーディネート、雑誌へのメニュー提案ほか、各世代がつながるイベントも開催。 味噌料理も得意とする。

茅乃舎だしのご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/all_dashi/kayanoyadashi/

秋の自家製をたのしむ。 さつまいもを煮てジャムに。

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事