はじめよう、 朝のスープ 後編

前回に引き続き、料理家 広沢京子さんの朝のスープレシピを3種ご紹介します。
「スープがあればほっとする」という広沢さん。毎朝添える汁物は、煮出すだけのだしを使って、“本格だしを簡単に”が基本です。
素敵な1日のスタートに、朝のスープをはじめましょう。
※本記事は過去の取材を再編集してお届けしております。


うまみたっぷりの「鶏だし」で
野菜をおいしくいただきます

「野菜は煮込まなくていいように薄く切ったり、時には包丁さえ使わなかったり」と広沢さんの時短レシピで、無理せず飽きのこないスープづくりを。
今回は野菜と相性のいい茅乃舎の「鶏だし」を使ったスープです。


鶏節でやさしい味わいの
チキンスープをベースに

「しっかりしたうまみがある鶏だしなら、調味料は加えず、だしだけでも十分」と広沢さん。国産鶏の削り節を粉末にしているので、鶏肉そのもののうまみが生きています。素材がシンプルなので味や香りにクセがなく、やさしく奥行きのある味わいに仕上がります。


春野菜のスープ

具材は玉葱、じゃがいも、アスパラ。根菜たっぷりでも、薄切りにすれば煮込み時間を短縮できます。鶏だしとじゃがいものやさしい調和は、朝にもほっとする味わいです。

[材料(2人前)]

新玉葱

1/8個

新じゃが

小1個

人参

1/8本

アスパラガス

1本

A

鶏だし

1袋

400ml

少々

パセリ

適量

[つくり方]

  1. 玉葱、人参、アスパラガスは薄切りにし、新じゃがは1cm角に切り水にさらす。
  2. 鍋に[A]を入れ火にかけ、沸騰後4〜5分煮出す。
  3. ①を加えて沸騰後、弱火で5分ほど煮て塩で調味する。パセリを散らす。


レタスと卵のスープ

朝に摂りたい食材、卵と野菜を使ったスープです。包丁いらずで、たった数分で完成。ふわふわ卵に鶏だしのやさしい味わい、胡麻の風味も添えています。

[材料(2人前)]

1個

レタス

2枚

A

鶏だし

1袋

400ml

胡麻油

小1

小1/4

煎り胡麻

適量

[つくり方]

  1. 鍋に[A]を入れ火にかけ、沸騰後中火で4〜5分煮出す。
  2. 塩で調味し、大きめにちぎったレタスを加え、さっと煮る。
  3. 溶き卵を流し入れ、胡麻油を加え、煎り胡麻をふる。


春の豆のミネストローネ

鶏だしのうまみがベースの具だくさんスープ。玉葱をしんなり炒めて、甘みとコクでスープの味を深めます。仕上げのチーズが味の決め手です。

[材料(2人前)]

絹さや

4本

スナップエンドウ

4本

いんげん豆

3本

新玉葱

1/8個

ミニトマト

5個

A

鶏だし

1袋(袋を破って)

400ml

オリーブ油

大1

少々

胡椒

少々

パルメザンチーズ

適量

[つくり方]

  1. スナップエンドウ、絹さや、いんげん豆、玉葱は細かく刻む。ミニトマトは半分に切る。
  2. 鍋にオリーブ油を熱し、①の玉葱を炒めた後、残りの野菜も炒め合わせる。
  3. [A]を加え、沸騰後弱火で3~4分煮る。塩・胡椒で調味し、チーズをかける。

お気に入りのスープレシピは 見つかりましたか?
「おはよう」の側にいつも ホッとする温かな一杯を。

はじめよう、 朝のスープ 前編


広沢 京子さん

雑誌、書籍、広告におけるレシピ制作・スタイリング、飲食店のプロデュース、生産者と消費者を繋ぐ料理会の企画など、幅広く活躍中。現在は、自然あふれる福岡県糸島市に在住。茅乃舎インスタグラムに掲載している料理も担当。

レシピで使っている茅乃舎の商品

鶏だし
https://www.kubara.jp/kayanoya/all_dashi/toridashi/

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事