休日の夕暮れ、おうちでアペロタイムを。

休日の16時。

家事をすませているうち、気づけば一日が終わってしまう。
そこはかとない焦燥感が胸によぎる。

ならば。
晩ごはんまでのぽっかりとあいた時間を、せめて有意義に味わいたい。

外食をしている時のような、ゆっくりと時間が流れ、楽しかったねと心から思える。
あのひとときを、おうちでも感じるには?

そうだ、アペロ。

アペロとはフランスの習慣で、おつまみと一緒に軽くお酒を飲むスタイル。

とりたてて準備も必要なく、贅沢な気分を味わえる、おうちアペロのレシピを知りたい。

そんな夢見る願いに応えてくれたのは、福岡の美しい庭をのぞむ古民家カフェpapparayray(パッパライライ)さん。暮れなずむ淡い光と風に、心地よく似合うドリンクとおつまみを、とりどりご提案くださいました。

使用する商品は、あま糀と生姜茶です。

私たちもアペロタイムを彩る、よりすぐりの2選手を揃えましたよ。

まずはあま糀。とろーりやさしい甘みが、体にもやさーしく届きます。
そして生姜茶。刺激が暑さや気だるさを、サッと取り払ってくれます。

これらがみずみずしいフルーツやハーブと組み合わさることで
夏におあつらえむきの、おどろくほどお洒落でフレッシュなドリンクに生まれ変わります。

アルコールでも、ノンアルコールでも

味わいは複雑ですが甘さ控えめなので、これだけでも、フードをつまみながらでも。
またお酒を入れても、入れずにノンアルコールにしても、おいしく仕上がるんですって。

どっちも、うれしいカナメですね。

あなたの気分に耳をすませて、どうぞ、どうか、お好きなほうを。

おだやかな清涼とジューシー
あま糀と桃のカクテル


[材料]グラス2〜3杯分(つくりやすい分量)

あま糀

200ml

ハーブ(ミント、レモンバーベナなど)

適量

1個

レモン

1/4個

炭酸水

約220ml

ホワイトラム

約40ml(アルコール入りの場合)

[つくり方]

  1. レモンを横向きにして切る。スライスしたレモン2枚分(分量外)も切っておく。
  2. 皮を剥き、タネを取った桃と、あま糀、レモン果汁を加え、ミキサーでなめらかになるまで攪拌する。
  3. ②をグラスに注ぎ、アルコール入りの場合はホワイトラムを加え、よく混ぜ合わせる。
  4. 氷(分量外)と炭酸水を加え、スライスしたレモンとハーブを入れたら、軽く底からすくい上げるようにして2〜3回混ぜる。

フルーツ選びは、桃以外だと洋なしなど、とろりとしたものとの相性がよいようです。

ジンジャーで身も心もほとばしる
フルーツポンチカクテル


[材料]グラス1杯分

生姜茶

大さじ1

ハーブ(ミント、タイム、レモンバームなど)

適量

メロン

中1/4個分

炭酸水

約360ml

ウイスキー

約40ml(アルコール入りの場合)

[つくり方]

  1. 大きめのグラスに生姜茶とハーブを入れる。ハーブは葉が大きければ手でちぎる。
  2. アルコール入りの場合はウイスキーを加え、よく混ぜ合わせる。
  3. 計量スプーンなどで丸くくり抜いた、また一口大に切ったメロンを入れる。
  4. 氷(分量外)と炭酸水を加え、軽く底からすくい上げるようにして2〜3回混ぜる。

中に入れるフルーツは、すいかでも相性がいいようです。

ひと口飲むと、感動とおどろきで胸がいっぱいになるでしょう。
生姜とハーブの合わせ技がもたらす、身も心もハッと覚醒するような、それでいてホッと安心できるような、新しいおいしさだったのです。

お子さまもアペロタイム
生姜茶のアイスキャンディーソーダ


ここでもうひとつ、おまけレシピをご紹介しますよ。

水で溶いた生姜茶を凍らせ、グラスに入れ、炭酸を注ぐだけ。少しずつ溶けていく様子をながめながら、シャリシャリとくずしながら楽しめる、アイスキャンディーソーダのできあがりです。

凍らせる時、アイスキャンディーのようにあらかじめ木の棒をさす。またエディブルフラワー(生食用花)を混ぜておくと、より場がときめきに満たされます。

味わい広がる、豊かさも増す
グッドペアリングのおつまみを

混ぜるだけ、なんです。

なのに、ドリンクと一緒にいただくと、みるみる味の輪が広がる。こんなにも美しく、こんなにも心豊かになれるおつまみ、あるでしょうか。ほら、あるのです。

マスカルポーネと味噌とあま糀の
ディップソース


[材料]つくりやすい分量

マスカルポーネチーズ

200g

味噌

大さじ1

あま糀

大さじ1

[つくり方]

  1. 味噌がだまにならないよう、あま糀で伸ばしながら溶き混ぜる。
  2. マスカルポーネチーズを加え、さらになめらかになるまで混ぜ合わせる。

あま糀と、味噌と、チーズ。洋の東西が生み出した発酵ものが溶け合う、得もいわれぬおいしさが堪能できます。

いちぢくとの相性がとってもよいですが、お好きな野菜やフルーツでも、ぜひお試しください。

チェリーを練りこんだ
ハーブクリームチーズ


[材料]つくりやすい分量

クリームチーズ

140g

アメリカンチェリー

8個ほど

にんにく

1/2片

ハーブ(ディル、フェンネル、イタリアンパセリ、コリアンダーなど葉の柔らかいもの)

適量

エディブルフラワー(生食用花)

あれば

[つくり方]

  1. クリームチーズは常温にもどす。ハーブは食べやすい大きさにちぎっておく。アメリカンチェリーは半分に切り、タネを取る。にんにくはすりおろす。
  2. ①をすべて混ぜ合わせ、型などに詰めて冷蔵庫で1時間ほど冷やす。
  3. 食べる直前に型からはずし、あまったハーブとエディブルフラワーを飾る。

買っておいたパンに塗ってもよさそうですね。

ひと口のんで、ひと口食べて、ひと息つく。これらをゆっくり、繰り返す。
ふだんの暮らしのつづきにある、心が淡く発光するような、至福のひととき。

レシピだけでなく、
このような時間がもたらす素晴らしさも含めて教えてくださったpapparayrayさん、
ほんとうにありがとうございました。

papparayray(パッパライライ)
福岡県福岡市中央区赤坂2-2-22
092-406-9361

茅乃舎「生姜茶」のご購入はこちら
https://www.kubara.jp/kayanoya/inryo-kashi/ocha/122300/

あま糀のご購入はこちら
https://www.kubara.jp/amakoji/koji/amakoji/5212300/

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事