山中漆器〜後編〜 わたしたちの好きなモノ

人が道具を作り、人と道具が毎日を作る。日常のいろんな場面で役立つことに加えて、そこにあるだけでも少しずつ、暮らしを築くさまざまな道具。それらを生み出す作り手が、日々、使っているモノとは? 今回は山中漆器の産地、石川県の山中で、100年以上続く我戸幹男商店(がとみきおしょうてん)の直営店で、4代目の我戸正幸さんに伺いました。我戸幹男商店で扱う、我戸さんの日々の暮らしの一部となっている、かけがえのない道具を紹介します。

好物の豚汁を入れた「TSUMUGI 汁椀 瓢型」


1908年に我戸木工所として創業した我戸幹男商店の4代目、我戸正幸さんがこの日、奥様に用意してもらったのが豚汁。好物の容れ物に選んだのは、我戸幹男商店の「TSUMUGI 汁椀 瓢型」だった。ひょうたんの形を意味する瓢型とは、かつて薬入れに用いられたことなどから、健康や招福を象徴する形とされているとか。その柔らかなフォルムやケヤキの木目の表情と相まって、食卓に温かな雰囲気をもたらしてくれる。

〈世代を問わず使える漆器の湯呑とカップ〉


さまざまな漆器が棚に並ぶ、我戸幹男商店の直営店「GATO MIKIO / 1」。お茶やコーヒーをいれる漆器の湯呑やカップも、豊富に扱っている。曲線をいかした「SAKURA 湯呑 たまご」(左)と、直線をいかした「SAKURA 湯呑 筒型」(右)は、見た目は大きく異なる湯呑とカップであるものの、どちらも、木材の質を含め、この地で受け継がれた木工技術の高さが際立つ、シンプルな佇まい。軽く、落としてもガラスや磁器、陶器に比べて割れにくい素材のため、大人も子供も安心して使うことができる日用の器だ。

「山中」の木工技術の高さが詰まった「茶筒KARMI 釜」



国内の漆器産地のなかでも、「木地の山中」ならでの強みと言えるのが、木材の表情を多彩に引き出す「加飾挽き(かしょくびき)」。木地を横座式の轆轤(ろくろ)に取り付け、小刀を使って手作業で刻んだ「千筋」と呼ばれる無数の溝が美しい「茶筒KARMI 釜」は、その見た目に加えて、作りも繊細にできている。蓋と本体の木目が綺麗につながっているだけでなく、蓋を本体に置けば、蓋は自重でスーッと下がってピタッと収まる。暮らしの中でふと感じられる職人の手仕事は、日常を少し豊かなものに変えてくれる。

4客の椀としても2組の蓋物としても使える「四つ椀」


漆を木地に塗り、余分な漆を拭き取って、乾燥させて仕上げる「拭き漆」によって、木目が美しく上品に映える「四つ椀」。重ねられるため、収納時のスペースを抑えられるだけでなく、2通りに使えるというユニークな特徴を持っている。直径や深さがそれぞれ異なる4客の椀は、バラバラに4客の椀として使うことも、四つの椀を入れ子に組み合わせて、2組の蓋物として使うこともできるのだ。時間をかけて緩やかに変化する家族の人数や、日々のさまざまな用途に対応しながら、食卓を彩り続ける。

4代目が手にした「TURARI 椀 [M]+」と胸のブローチ

「我戸幹男商店」4代目の我戸正幸さん。


山中温泉の観光名所、「こおろぎ橋」の近くに2017年にオープンした「GATO MIKIO/1」。直営店のみのサービスとして、13種類の形状から椀を選び、好みに応じてカラーを選択できるセミオーダーシステムがある。壁面にオーダーサンプルが並ぶ空間で、普段から店舗で使用している「TURARI 椀 [M]+」を手に話してくれた我戸さん。白いシャツの胸についたブローチも、漆器でできたものだという。この地に根付いた工芸と現代の暮らしの接点を模索しながら、日々の道具としての価値を提案し続けている。

石川県加賀市、山中温泉にある我戸幹男商店の直営店「GATO MIKIO/1」。

「我戸幹男商店/山中漆器 前編」では、我戸幹男商店の漆器が世に送り出されるまでのプロセスや、我戸さんのものづくりへの想いを伺って、紹介しています。

山中漆器〜前編〜 山中の伝統技法、漆器のある暮らし

茅乃舎と我戸幹男商店との共同製作・茅乃舎ノ道具「しるし椀」と、茅乃舎のフリーズドライ味噌汁のセットをご用意しています。ご購入はこちらから。
https://www.kubara.jp/kayanoya/dougu/dougu/5143300/

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事