はじめよう、 朝のスープ 前編

忙しい朝は調理に時間を掛けられないもの。簡単で体も温まるスープがあれば、慌ただしい朝もホッとできる時間に。そこで、1日のはじまりに飲みたい朝のスープレシピを料理家広沢京子さんに教わりました。
「朝食はちゃちゃっとつくれるものがいちばん」と、手早くできる工夫が満載です。野菜がたっぷりで、家族を想うやさしさもたくさんの6種のレシピを2回に分けてご紹介します。
※本記事は過去の取材を再編集してお届けしております。

手早く素材を引き立てる
「昆布だし」が朝の味方に

「朝のスープこそ、手軽においしいだしを」と広沢さんが手にしたのは、茅乃舎の「昆布だし」。じんわり沁みるうまみが素材を引き立てます。しかも煮出すだけなので、とっても簡単。忙しい朝の味方になってくれます。

2種の昆布で広がる
やさしく奥深い味わい

「まろやかで上品な昆布だしは、朝のやさしいスープにぴったり」と広沢さんもお気に入り。
甘みのある真昆布と、澄んだうまみの利尻昆布の2種の昆布を使用しています。素材を生かしたい料理には特におすすめです。


春大根のひらひらスープ

大根をピーラーでスライスするので、さっと煮るだけでOK。昆布だしに豚肉から出るだしが重なり、うまみが倍増。素麺を加えても◎。
食べ過ぎた翌朝でもしみじみ美味しい一品です。

[材料(2人前)]

春大根

1/3本(400g)

長葱

1/6本(長さ5cm分)

豚肉(薄切り)

40g

A

400ml

B

生姜のおろし汁

小1/2

薄口醤油

小1

小1

少々

粗挽き黒胡椒

適量

[つくり方]

  1. 大根はピーラーで縦にスライスする。長葱は千切りにする。
  2. 鍋に〔A〕を入れ火にかけ、沸騰後2∼3分煮出す。
  3. 〔B〕、豚肉、①を加えさっと煮る。胡椒をふる。


蕪のポタージュ

蕪のように水けのある食材の場合、大さじ1杯の御飯を加えてとろみをつけます。繊細な昆布だしで、体を浄化してくれるようなやさしいポタージュに仕上がります。

[材料(2人前)]

大1/2個(200g)

御飯

大1

A

400ml

小1/4

オリーブ油

適量

[つくり方]

  1. 鍋に[A]を入れ火にかけ、沸騰後中火で2∼3分煮出す。
  2. 蕪は薄切りにし、①に加え、沸騰後弱火で5分煮る。柔らかくなったら、冷ます。
  3. ミキサーに②、御飯を入れピューレ状にする。鍋に戻して煮立てないように温め、塩で調味する。オリーブ油をかける。


トマトと油揚げの味噌汁

酸味が新鮮なトマト味噌汁です。トマトの皮が剥がれるくらいに煮れば完成。昆布だしが素材を生かして上手に味をまとめてくれます。

[材料(2人前)]

トマト

1/2個

油揚げ

1/4枚

青葱

1本

A

400ml

味噌

大1

[つくり方]

  1. トマトはくし切りに、油揚げは油抜きし2cm角に切る。
  2. 鍋に[A]を入れ火にかけ、沸騰後中火で2∼3分煮出す。
  3. ①のトマト、油揚げを加えて煮る。味噌を溶き入れ、葱を散らす。

スープで朝からぽかぽかに。
毎日食べても飽きない簡単レシピで、 朝のスープ習慣をはじめましょう。

次回はうまみたっぷりの「鶏だし」を使ったスープをご紹介します。


広沢 京子さん

雑誌、書籍、広告におけるレシピ制作・スタイリング、飲食店のプロデュース、生産者と消費者を繋ぐ料理会の企画など、幅広く活躍中。現在は、自然あふれる福岡県糸島市に在住。茅乃舎インスタグラムに掲載している料理も担当。

レシピで使っている茅乃舎の商品

昆布だし
https://www.kubara.jp/kayanoya/all_dashi/konbudashi/

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲⑳㉑㉒㉓㉔㉕㉖㉗㉘㉙㉚㉛㉜㉝㉞㉟㊱㊲㊳㊴㊵㊶㊷㊸㊹㊺㊻㊼㊽㊾㊿

折々の会とは

日本の食文化ならではの「知恵」を、日々の暮らしで実践していくための、
久原本家のポイント会員様向けサービスです。ご入会は以下よりお進みください。

関連する記事